« 縄文時代 海上交易ルート | トップページ

2010年4月 2日 (金)

「寒冷化による民族移動」「日本列島の人口推移」

Photo_7

縄文時代、後期から晩期にかけて、

東日本では寒冷化で植生が変わり、栗の林は無くなって行く。

他の木の実も同様である。

しかも人口は非常に多かったため、

非常なる食糧難となる。

そのため栄えていた三内丸山なども突如放棄された。

これは、4200年前頃のことである。

そして人々は温暖な近畿以西に移動して行った。

Photo_6


縄文前期はクニトコタチさまの時代である。

気候はどんどん暖かくなって行く。

すでに、東日本は温帯落葉樹(ブナ、クリなど)の森に、

西日本は常緑広葉樹(シイ・カシなど)の森に変わっていた。


その境目が、ちょうど琵琶湖のあたりとなっている。


縄文時代までは、この境が大変重要で、

東と西では、基底人種も違い、

またそのような植生から発達した技術や文化も、

微妙に違っていたと言える。


もちろん琵琶湖周辺では、

森の木々に始まり、人種や技術文化が混じり合って行く。

まことに、ヲシテに記されているように、

建国の地に相応しいのではないだろうか。




しかし縄文晩期、さらなる寒冷期に入る。

イサナギ・イサナミから始まり、アマテルカミの時代になって、

国は、さらなる均一化と安定化に向かって、

急速に進んでいく。


水田米作がしっかりと安定するのは、ニニキネ時代以後である。

ここからが弥生時代と言えるのではないかと、

私は考えている。




01:45 午後 参考画像 |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。