トップページ | ヲシテ?・・・なあに?(古文書ヲシテ文献)改訂版 »

2009年3月 1日 (日)

ヲシテのクニへ ようこそ

Fuji_asa

 

 

「ヲシテのクニ」をお訪ね頂き、有り難うございます。

最新改定記事はサイドバーの一番上にあります。

 

初めていらっしゃった方は、

右の目次から下へ、

できましたら順次、お読み頂けますように、

お願い申し上げます。

 

やまとなる 

くにのことはの おくのりを

ヲシテにてらす うつくしきふみ

 

ことのはに 

わかつこころの みなもとの

ヲシテのひかり かたちなりそめ

 

まもりたまふ 

さきのみたまに ささげます

いまあたらしく はなひらくふみ

 

(研究所のお仲間がこんなに美しいワカを読んで言祝がれました。ヨロトシ)




Photo

 

 

「よみがえる日本語 −−ことばのみなもとヲシテ」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4625634075/
   http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32245608
   青木 純雄・平岡 憲人 (著), 池田 満 (監修)
   明治書院  3990円

 

|

トップページ | ヲシテ?・・・なあに?(古文書ヲシテ文献)改訂版 »

コメント

ひさびさに更新されていたので嬉しくなりました。
無理をせず、さわやかな画像だけでも楽しませてください。
という、私も更新していませんでしたが(笑)

投稿: One of Three | 2007年4月16日 (月) 15時57分

お元気ですか?
お久しぶりです。

記事のアップも楽しみにしておりますが、最初からきちんと読んでないので、この機会に拝読させていただきます!

投稿: 風月 | 2007年4月21日 (土) 08時58分

 お久しぶりです、リニューアルおめでとうございます!
 ……と言うとちょっと大仰かもしれませんが(笑)

 今までにまとめられた記事だけでも、ヲシテについての見聞を深めるにはとても役に立つものばかりだと思います。
 ましてやヲシテは解明そのものも現在進行形の歴史史料。
 日本人として生きる上での「人生の供」として、(研究なさっている皆様には到底及ばぬまでも)ゆっくり向き合っていく心持ちです。

 びーちぇ様の記事も楽しみにしていますので、たまに筆が軽くなったら……程度でよいのでお願いできればと。(笑)
 今後もひいきにさせていただきます、よろしく。

投稿: タマネギ愛国者 | 2007年4月25日 (水) 22時00分

はじめまして。TBをいただけるなんて光栄です。ありがとうございます。

紀子さまご懐妊の頃にびーちぇさまのサイトでヲシテを知りまして、亀の歩みで
池田先生のご著書を拝見しておりました。まだまだ理解不足の身なのにブログに書く
なんて恐れ多いことなのですが、「学習のノート」ということで・・^^;
あまりにも変なことを書いておりましたら添削のほどよろしくお願いいたします。


投稿: ことだま | 2007年12月10日 (月) 13時17分

更新再開おめでとうございます。

ゆっくり拝見させていただきます。

投稿: うまやど | 2009年8月 2日 (日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96841/14696073

この記事へのトラックバック一覧です: ヲシテのクニへ ようこそ:

トップページ | ヲシテ?・・・なあに?(古文書ヲシテ文献)改訂版 »