« 池田先生のお話を聞こう! | トップページ | つれづれ 改訂版 「伊勢神宮のお参り順」 »

2009年8月 6日 (木)

皇統をつなげた人「トヨケカミ」その2 改訂版

さて、第6代アマカミ「オモタル」さんの時代。

気候の変動による農作物の減収。
地域による貧富の差。
国内に初めての不穏な空気が流れました。
そして、盗み、略奪などが横行し世が乱れたと、記されます。
それを取り締まるために「ホコ」後に「ツルギ」が作られ、
罪人の刑の執行も行われました。

yugure_mizuumi

モノ ウバフ コレニ オノモテ
 キリ ヲサム オノハ キオ キル
 ウツワユエ カネリニ ホコオ
 ツクラセテ トキモノ キレバ
 ヨツギナシ・・・」
          (ホツマツタヱ 23ー5)

カネリとは、鍛冶師のことです。
トキモノは、鋭い者。ここでは悪い意味に使われています。

全国を巡って、この気候変動のための工夫や農業技術を教え、伝えたのに、
それも貧富の差に結びついたとは、オモタルさんもお辛かったでしょうね。
指導を得て努力して頑張り、豊かさを維持した人と、うまく行かなかった人。

でも、今までなら共に助け合って何とかしてきたのに、
飢えない暮らし、豊かさがが当たり前になった時代となってから、
人の心が変わっていったのです。

その背景として、前にも書きましたが、
大陸において殷(商)が、周に攻め滅ぼされたことが影響しているのではないか。

つまり多勢の難民が日本列島になだれこんだ影響があるのではと、指摘する人もいるのです。
異民族が増えれば、言葉も文化も習慣も違うし、摩擦も起こるでしょう。
「強いものが勝ち」という考えは、それまでの我が国には無かったのですけれど、
もしかしたら、難民の人々が持ち込んでしまった「大陸の常識」だったかも知れません。
羨み、ねたみ、そねみが生まれて来、
そして、悪巧みに長けた人々も暗躍し出したのです。

これって、現代にも言えるような・・・。



このような理由から、弱いもの、正直もの、勤勉な人が憂き目を見ないために、
今までに無かった刑法というものが誕生したのだと思います。

オモタルさんはこのホコを「サカホコ」と命名されました。
なによりも大事な憲法「ト」に逆らうものだけを、罰するということなのですね。

「ト」の心とはミヤビ・・・「あなたの幸せのために何をしましょうか」と、
互いに思いやり、助け合い、慈しみあう心です。

それを踏み躙ることは決して許されない。
オモタルさんの決意は強いものでした。

もとより人を殺すのはとんでもないこと。
この世にアモト(宇宙法則の中心、アメミオヤも示す)から分け下されたタマを
絶つという所業ですから。
けれども大多数の善意の人々を救うため、自然法則には逆らうことになっても、
刑法として、実行せねばクニが治まりませんでした。

そして、御子はお生まれにならなかったのです。


このアマカミの辛いお心を誰よりも感じていらっしゃったのが、
5代タカミムスビ「トヨケ」さんです。

心暖く深く、偉大な思想家でもあったこの方は、
建国の初代アマカミ「クニトコタチ」の為されたことを思い、
その全てにおいて、考察を巡らしておられました。

「トコタチノ ミヨハ ミホカミ」    (ミカサフミー46)

「カワルカワリニ ヨオツギテ」     (ミカサフミー122)

そうです。

クニトコタチからの3世代
を特別に「ミホカミ」という呼び名で表し、
皇位はいつも「トのヲシテ」に照らして、いちばんふさわしいと思われる方が、
2つの系統で代わりあいつつ、継いでこられました。
そして長い長い間、クニは明るく健やかに、平和な暮らしが続いていたのです。

今の世となっては、
はるか遠き、幸せであったカミ〔祖)の世のことではありますが、
このクニにとっては、代わりあって御位をを継ぐというのは自然なことなのです。

直系だけに固執せずに、同じクニトコタチの血筋、皇統を伝えるのならば、
どなたが国をお継ぎになっても良いのです。

トヨケカミの心に1人の青年が浮かびました。
「タカヒト」・・・
2代タカミムスビの弟であった「アメカカミ」の末裔。
今風に言えば分家筋の若者でした。                系図

その昔、
次男(?)アメカカミも大変優れたお方だった故か、成人なされてからタカミムスビの
本拠を離れ、ツクシ(九州)を治められました。
4代アマカミ「ウビチニ」の御世に、宮廷に絶えそうになった「マサカキ」の苗を
献上したお方でもあります。
離れていても、アマカミの信頼篤い、重臣の一人であったのかも知れません。
そして、九州生まれの皇子アメヨロツカミ

kamirogi

「コノ ミコハ アメヨロツカミ
 ソアサ タシ アワ サク ウメバ

 アワナギハ ネノ シラヤマト
 チタルマデ ノリモ トホレバ

 ウム ミコノ イミナ タカヒト
 カミロギヤ・・・」
        (ホツマツタヱ 2−24,25)

四国(ソアサ)を、治められた(タシ)アメヨロツさん。
タカミムスビの分家といっても、たいへん秀でた一族だったようです。

そこで、アワナギ、サクナギという皇子2人が生まれ、
兄皇子のアワナギはネノクニ、シラヤマ(山陰地方)からチタル(北陸)を
統治なされ、大変安定した平和なクニを作り上げました。

そして生まれたのがイミナ「タカヒト」後のイサナギのミコトです
「カミロギ」と書かれているのは、
大変優れた人柄であったことを示唆しています。

ちなみに「カミロ」といえば女性の方への尊称となります。
で、後世になって、カミのような男性、またはヲのカミ・・・
「カミロ」といったらイサナギさん。
「カミロ」メのカミといったらイサナミさんを指す言葉となりました。



分家筋の、しかし今、クニ中で人望も篤い優れた人柄のあの若者に
我が娘ながらこれも賢いヒメのイサコを妻合わせて、
次のアマカミと立て、
日嗣の皇子、そして何人ものお子ををなしてもらえば・・・
きっと、皇統は栄えクニも栄え、世々に続いていく。

これが、神官でもあったトヨケさんのアメよりの直観でした。

さっそくアマカミへ進言をなされたことでしょう。
私心のない、人を見る目の深いトヨケさんの案は、アマカミの入れるところとなり、
後に実現されたのでした。

トヨケさんの心からの思いをこめて、二人のトツギはとりおこなわれました。
でもね・・・
始めは、お二人ともその気にならなかったといいます。
東北育ちの直系のヒメ、分家筋のネノクニ(山陰)育ちの聡明な若者。
それでも、その任を全うできるだろうか。畏れ多いことでもあります。

しかし、二人ものハシカケ(今でいう仲人)を通じて、
このクニを建て直し平和なものとするというヲヲヤケの尊い任務を、
諄々と説かれて、深く納得されるようになったお二人は、
ついに決心されました。

ここにイサナギ、イサナミが新たに誕生されたのです。

こうして、絶えなんとしていた皇位は
トヨケカミの直観と熱意、努力を以て、
若き凛々しいタカヒト「イサナギのミコト」に受け継がれ、
このクニも困難を乗り越えて、
更なる発展の、大いなる時を迎えることとなったのです。

momiji_hasi

閑話休題・・・話は3000年ほど後世に飛びます。

私の祖父が14人の孫たちに言って聞かせたのは、
「結婚は事業である」ということでした。
恋愛とは違うんだよ・・・と。

ええ?・・・このご時世に?
幼い私などは思ったことでしたが、
今になって思うと、なるほどという面があるようです。

同時に恋と愛は違う・・・などと、孫達に説き聞かせる人でもありました。
「なあぜ、お祖父ちゃま?」
「それは、子供という大事なことがあるからね・・・」
「・・・よく・・・わかんない・・・?」

なにか、懐かしい。 (^。^)

・・・お祖父ちゃま、ヲシテ文書も知らなかったのに、
本質は分かってたよなあと思います。
とすると、我が民族は意識しなくても、伝統的にそう感じて来たのでしょうか。

                                

(旧版 05/11/15)

,

|

« 池田先生のお話を聞こう! | トップページ | つれづれ 改訂版 「伊勢神宮のお参り順」 »

コメント

今回の有識者会議を構成する人々には知恵というものがないようですね。本当にこのまま皇室典範が改正されてしまうのかと思うとやり切れません。。

投稿: はなびら | 2005年11月16日 (水) 08時30分

TBありがとうございます。
毎回美しい写真とともにいにしえの日本を語るびーちぇさんのエントリーは、何故だか深い安らぎを覚えます。
それにしても何千年も前の日本でも現在のお世継ぎ問題と同様に苦悩していたとは・・・。
このはるか昔のことを踏まえて皇室のお世継ぎについても考えるべきですね。

投稿: kits | 2005年11月16日 (水) 14時26分

TBありがとうございました!
ここの記事を読ませていただくと「悠久」という言葉がぴったりで、時間が止まってしまったかのような錯覚にすら陥ります。今後も続きを期待しています!
有識者会議の人々が、びーちぇ様の1%でもいいから伝統を感じ取る感性をもっていてくれたらなあ、と無理は承知でそう思います。

投稿: 猫研究員 | 2005年11月18日 (金) 00時40分

はなびらさん

本当にどうなってしまうのかな・・・心配です。
首相は逆の意見を纏め、国民の反応を読んでいるのかもしれない・・・なんて、思いたくもなるのですが?

kitsさま。猫研究員さま。

毎回コメント頂き、本当に嬉しいです。
写真もね、結構選んでいるんですよ。

日本古来の、暖かでまっすぐな心。
それを知ることで、なんだか元気が出てくるんですよね。

投稿: びーちぇ | 2005年11月20日 (日) 22時48分

TBありがとうございます。
素敵で重たいお話ですね。
現代、皇祖皇宗が悠仁親王殿下を大いに祝福し皇統の継承者としたことも同じくらいの重みがありそうです。殿下は現代のイザナギ様かも。

投稿: 練馬のんべ | 2009年9月12日 (土) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96841/7124608

この記事へのトラックバック一覧です: 皇統をつなげた人「トヨケカミ」その2 改訂版:

» 皇位継承問題 「長子優先」案がダメな3つの理由 [日本の心を育むネットワーク]
【日本政策研究センターオフィシャルWEB週刊ニュース】より転載   ■皇位継承問題「長子優先」案が   ダメな3つの理由      「皇室典範に関する有識者会議」の吉川座長は、三笠宮寛仁親王殿下の御発言について「それによって、どうということはない」と会議への影響を否定し、女性・女系天皇を容認する考えを強調。小泉首相も、有識者会議の姿勢を支持する考えを示した。  有識者会議がこれまで皇室の御意向を聴いてこなかったこと自体、思い上がりも甚だしいと言わざるを得ないのに、殿下の御発言... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 23時51分

» 皇室典範改悪阻止!!「草莽崛起」国民大会 [靖國神社 英霊 日本]
二千年以上続いた日本の国体・国柄が、今、一部の人々の手によって改悪されようとしています。日本が日本で無くなる危機が迫っています。 先帝陛下が『耐え難きを耐え、忍び難きを忍び』守られた日本の国体、これを私たちの世代で壊してはなりません。GHQ司令官マッカーサーですら変えられなかった、世界最古の国、日本のあり方、その中心たる御皇室と皇統を、私たち日本国民の手で守り抜きましょう! 【日時】  平成17年11月18日(金) 開場18時30分 開演19時(21時終演予定)※入場無料 【場所】  ... [続きを読む]

受信: 2005年11月16日 (水) 04時35分

» 黒田清子さん・・ [まい・らびりんす]
ご結婚おめでとうございます。昨日も書いたんですけどね、、やっぱりTVでお幸せそうな姿を見ていたらもう一度書きたくなってしまいました。シンプルなドレス、素敵でしたねぇ。皇后様お気に入りのデザイナーの方がデザインすると伺っていたのでちょっと心配?しておりまし...... [続きを読む]

受信: 2005年11月16日 (水) 08時31分

» なぜ皇家は男系でなくてはいけないのか? [すーさん’s アイ]
 書き方としては一見、中立的ですが、「男系」の意味を詳しく書いておらず、実に、そこにこそ皇室哲学の神髄があることを説明していないですね。 その結果、ぱっと読むと、「なんだ血統であれば女性でもいいじゃないか」となるように誘導しています。「つまり意図的に男...... [続きを読む]

受信: 2005年11月16日 (水) 12時49分

» ■有識者ってどう言う意味? [ ◆ ケシクズ ◆]
 ・三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー  流石、髭の殿下!! 仰るお言葉、100%同意!!  ただ、このタイトル違ってないかな?三笠宮が指しておられるのは「女性」ではなく「女系」天皇だと思うんですが。   私の意見は到ってシンプル。前に書いた....... [続きを読む]

受信: 2005年11月16日 (水) 17時47分

» 寛仁親王殿下のご意見 [思うて学ばざれば則ち殆し]
三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー (読売) [続きを読む]

受信: 2005年11月16日 (水) 22時07分

» 日本人が温厚に育った背景…中国人とは水と油 [こん]
「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」というが、こうなるためには、「敵に関して無知で無関心」という己を知り、そして改めるべきだろうと先日述べた。 だが、今回は、以下のような物議を醸し出している有識者会議のことも気がかりなので、まずは、己(日本)について..... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 22時35分

» 皇室は“世襲”継承ではない [日本を識ろう]
 相変わらず「チャンネル桜掲示板」にて、「女系容認」の論者の虚構を指摘し訂正する作業に勤しんでいる昨今であるが、一見不毛なこれらのやり取りも、今後想定される「女系容認の誤った論拠への明示的反論」のために役立てる事ができるのではないかと思う。  特に、かの「有識者会議」の不見識極まりないトンデモ結論(こちらの過去エントリー参照)に対しては確実に理論武装しておかなければならない。  さて、最近は「女系のみによる継承は歴史上一例もない」事に反駁できなくなった(事実だから当然だが)ためか、新たな反論の方向... [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 17時26分

» 評判2 [どこかにある場所]
 で、だ。  「評判」という題名のこの記事がなんで「皇統・伝統・家族・まつり」のカテゴリーであるか、という事だ。  評判が伝統などを貶める要素に使われるからである。  評判を拡張高く表現したのが「世論」であるから、これは仕方ない。  周りの皆が言ってるからそれに合わせておこうというのは、それまで培ってきた良いものも捨て去ってしまおうという事に繋がりかねない。  人間は少数者に回りたくない、という本能がある。いや、本能なのかどうか分からないが、群からはぐれるのを嫌う体質であるのは確かだろう。集団という... [続きを読む]

受信: 2006年1月28日 (土) 18時56分

» 大事なお国の大安売り [或る荒川区民のつぶやき]
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/seiji/20060311/m20060311002.html  岩男寿美子・武蔵工大教授  小生は、この売国卑劣ババァを絶対に許しません。 [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 12時42分

« 池田先生のお話を聞こう! | トップページ | つれづれ 改訂版 「伊勢神宮のお参り順」 »